イントラレーシックとはどんなレーシックなの?

イントラレーシック(Intra LASIK)は一口にレーシックといっても方法は二つありカミソリのような(ブレード)で切る方法と今回ご紹介するレーザーによる切削方法がふたつありブレード切削より安全で安心な方法と言われております。

従来のレーシックで使用されてきたマイク人それぞれ眼球の形もちがい表面には小さなデコボコが存在しており、いままでのブレード方式よりより個人の眼球に応じた処理がほどこされるのがレーザー方式(イントラレーシック)と言えるでしょう。

また、イントラレーシックではフラップを非常に薄くすることができるため、エキシマレーザー照射による屈折矯正に必要な角膜の厚さも十分に確保することができるため、万が一の再手術の場合にも安心です(フラップとは角膜のふたでありそれを作ることにより再度見えやすくするということになります)。

福岡のレーシック眼科ランキングと人気病院の評判マップ

福岡で人気のレーシック評判マップはこちら