イントラレーシックは通常のレーシックとどう違うの?

イントラレーシックはどんな手術?

最初に断っておきますが、これは手術です。一解説や体験談より効果、簡単さを述べたりしますがリスクを伴うものです。十分自分でも調べたりお医者さんとお話をし理解したうえで、行っていただくようお願いします。

上記文章では硬くなってしまいましたが、近代医学の革新的治療方法です。その恩恵には、ぜひあやかりたいものですね。イントラレーシック(Intra LASIK)は、一口にレーシックといっても方法は二つあり、カミソリのような(ブレード)で切る方法と、今回ご紹介するレーザーによる切削方法がふたつあり、ブレード切削より安全で安心な方法と言われております。

従来のレーシックで使用されてきたマイク人それぞれ眼球の形もちがい表面には小さなデコボコが存在しており、いままでのブレード方式よりより個人の眼球に応じた処理がほどこされるのがレーザー方式(イントラレーシック)と言えるでしょう。

また、イントラレーシックではフラップを非常に薄くすることができるため、エキシマレーザー照射による屈折矯正に必要な角膜の厚さも十分に確保することができるため、万が一の再手術の場合にも安心です(フラップとは角膜のふたでありそれを作ることにより再度見えやすくするということになります)。

イントラレーシックと通常のレーシックはどっちがオススメ?

最新イントラレーシックと通常レーシックどちらがいいの?最新のイントラレーシックにしようか?それとも通常のレーシックにしようか?どちらにしようか、かなり迷っている方がおいでだと思います(手術例はレーシックのほうが多い)(イントラレーシックは後発に誕生したので)。

そのなあなたのために最新イントラレーシックと通常レーシックの比較検討を行うことにしてみました。現在のところ日本でイントラレーシックを導入している眼科クリニックは数施設のみです。

レーシックを導入している眼科クリニックは、多数あります。通常のレーシック手術では適応外である強度近視の方や角膜の薄い人にとっては適応範囲の広いイントラレーシックは大変歓迎されています(高性能で正確なイントラレーシックならではの得意分野です)。

イントラレーシックではフラップを薄く作成することができます。ですからエキシマレーザーにて矯正できる角膜の厚さを多く残せることができ、角膜の矯正範囲が広がります。

視力回復の効果もイントラレーシックの方が満足できる結果が得られるているようです。レーシックではマイクロケラトームを使用してフラップを作成するため、かなりの経験と熟練を必要とします。

そして経験豊富な熟練者が執刀すれば、手術後の仕上がりはかなり綺麗にすることが可能です(しかし、フラップの薄さは従来のままです)。反対にイントラレーシックはコンピュター制御のもとフラップを作成するので比較的経験が浅いドクターでも均一なフラップを作ることが可能となります。

イントラレーシックは、まだ手術件数が少ないですが、外国の方では数々実績が上がってきて導入するクリニックが急増しております。機器の値段は、イントラレーシックが高価なものになっております(導入躊躇の原因の一つかも)。

以上のように、レーシック手術において新しい技術が確立されここ日本でも導入されようとしているイントラレーシックやはり安全性、個人対応の柔軟さ 再手術可能といった要素があり今後の主導的な手術方法になると思います。

福岡のレーシック眼科ランキングと人気病院の評判マップ

福岡で人気のレーシック評判マップはこちら