イントラレーシックを実施している病院

イントラレーシックとは?

文章の部分部分で出てくる用語を先に解説しておきます。フラップとは手術で、角膜実質層を含む角膜の一部を円形のシート状に非常に薄く切開して、フタのようにしてめくりあげて出来るフタをフラップといいます。

マイクロケラトームとは手術のとき、角膜を非常に薄く削る装置のことで、年々高性能になってきており、装置のトラブルなども非常に少なくなってきています。 レーシックとはマイクロケラトーム機械を使い角膜の表面を削ってフラップを作成し内側の角膜実質層にレーザーを照射して、角膜を変形させ、近視や乱視を矯正させる治療です。

これを踏まえ、書いていきます。イントラレーシックとはマイクロケラトームを使うレーシックとは違い、コンピューターを使ってレーザーでフラップを作成する手術をします。

イントラレーシクはレーシックと比べ、2/3ほどの薄さの精巧な厚さのフラップを作成できます。作成するフラップが厚いので、角膜が薄い方には不向きのレーシック治療ですが、フラップ作成時の傷の治りが早く眼への負担も少なく、また痛みも少ないのも特長の一つです。

それにマイクロケラトームを使用するレーシックだと 人間自身が機器を操作して手術を行なう為、精度には限界がありますが、イントラレーシックは、ドクターの技術に頼ることが少ないので、精度の高い手術が可能です。

イントラレーシック手術を受け入れいる病院

レーシックからイントラレーシックへ切り替える眼科も増えていますが、設備は、厚生労働省の認可を受けた最先端のもので高額なものばかりなので機械を入れたくても出来ないというのが多くの眼科の現状ですなのです。

そのため、イントラレーシック手術を受けられるのは、大手レーシッククリニックに限られているのが現状らしいです。日本でのイントラレーシック手術を受けれる眼科を何個か紹介したいと思います。

まず最初は神奈川クリニック眼科です。神奈川クリニック眼科は国内で初めて眼科専門医によるイントラレーシックでイントラレース社の認定を受けた眼科施設です。

東京、名古屋、大阪に拠点を置き、遠方交通費補助制度を設けて交通費を補助してくれるのも大きな特徴です。次は品川近視クリニックです。

レーシック手術症例数が累計35万症例を超えるという最大手クリニックです。患者の約7割が、前にこのクリニックでレーシック手術を受けた方の紹介によるもので、評判やクチコミが非常にいいのが特徴だそうです。

このクリニックも東京、大阪、名古屋に拠点があり遠方交通費補助制度を設けて交通費を補助してくれます。

福岡のレーシック眼科ランキングと人気病院の評判マップ

福岡で人気のレーシック評判マップはこちら