レーシックに医療保険は適用されるの?

日帰りで視力が回復するレーシック

レーシックとは最近注目されている視力矯正方法です。正式にはレーザー角膜屈折矯正手術と言います。ここ最近レーシックと言う言葉をよく耳にするようになり、芸能人やスポーツ選手の方々がレーシックの手術を受けて、世間の注目を浴びることも多くなってきました。

ですが、実際レーシック療法を身近に試された方はまだ少ないはずです。ほとんどの方のイメージは痛いのではないか?、高いのでは?と言った不安があると思いますが、実際には手術時の痛みはなく短時間の治療で終わります。

視力矯正療法と言っても実際の治療は手術ですので、レーシックを受ける為には実績のあるクリニック・医院を選ばなければなりません。その前に無料検査を実施して入る医療機関がありますので、まずはレーシックを受けられるかどうか専門の医師に判断してもらう検査してもらうと良いでしょう。

受けられると判断された場合はいよいよ手術になるのですが、大掛かりな手術では無く実際の手術内容は角膜の実質部分だけをレーザーによって削り、視力回復・視力矯正を行う最先端の方法で15分ほどで終わる簡単な手術です。

入院の必要も無く、日帰りで受けられますのでお仕事をしていらっしゃる方でも安心して治療を受けられます。手術を受けた人の大半は1.0以上の視力にまで回復し、快適な日常生活を送れるようになっています。

レーシック手術と医療保険

視力が悪くて日常生活に支障をきたす方には喜ばしい回復方法だと考えられます。レーシックの手術は自由診療となり、健康保険適用外とされています。

ですので手術、検査などにかかる費用は、全額個人負担になります。加入している生命保険の種類にもよりますが、多くの医療保険では、レーシックが手術給付金の対象となっているようです。

レーシックにの手術に対して保険金が給付されるのは感覚器・視器の手術などの特約に加入している場合が条件となります。ですが、保険加入してから2年間以内の手術には保険金は支払わないとしている会社もありますので保険の約款を確認したほうがいいかと思います。

その保険会社では給付の対象になっていても、加入の条件によっては給付はされません。契約内容によりますので、給付が受けられるかどうかは、加入している保険会社へ問い合わせてみてください。

他の給付金請求と同様、給付金を請求する際には診断書が必要となります。詳しくは保険会社や医院・クリニックに確認してください。また、レーシックは、医療費控除の対象になる場合があります。

管轄の税務署に確認をして対象になっている場合は、確定申告により過剰に支払った税金分の申告を行なうことも忘れずに。

福岡のレーシック眼科ランキングと人気病院の評判マップ

福岡で人気のレーシック評判マップはこちら